余命10年(実写映画)動画フルの安全な視聴方法は?デイリーやパンドラは危険!

今回は映画『余命10年』の動画フルの安全な視聴方法と、デイリーとパンドラで視聴する危険性を紹介します。2022年春公開予定の映画『余命10年』は小坂流加さん原作の小説を映画化した作品です。動画フルはどのようにして見られるのか、パンドラやデイリーでの視聴はどうして危険なのか、詳しく解説します。安全に楽しく『余命10年』を視聴してもらいたいので、ぜひ最後までチェックして参考にしてもらえたらなと思います。

余命10年(実写映画)をパンドラ・デイリーで見るデメリットは?

皆さんはテレビ番組や映画をどのように視聴していますか?今はテレビの前や映画館でなくても見ることが出来るようになり、ますます便利になってきていますよね。スマホで好きな番組や映画を見られるようにしておけば、移動中や待ち時間などの空いた時間にすぐ見られますから、時間を有効に活用できていいですよね。

私は主にキッチンで料理しているときに視聴していますよ。さて、どこでも見られると便利な動画配信サービスですが、無料のサイトがあるようですね。有名なサイトでは、パンドラやデイリーといったものがあります。

どこでも見られて無料とあればとっても便利で嬉しいですが、パンドラやデイリーなどの海外のサイトは残念ながらそこには多くの危険が潜んでいます。『パンドラ(Pandora)』と『デイリー(Dailymotion)』で日本のドラマや映画を検索してみると、とても多くの作品が出てきます。

その作品を視聴しようとクリックした途端、パソコンやスマホがウイルス感染し、データが流出してしまうという事案が非常に多く発生しているのです。無料であるということはとても魅力的なのですが、それだけ何かしらのリスクを伴うということですね。

そういったデメリットがあるということを理解して利用しなければいけませんね。

動画を安全に見る方法について詳しく見てみましょう!

余命10年(実写映画)の動画を安全に見る方法はあるの?

海外の無料動画配信サービス『パンドラ(Pandora)』や『デイリー(Dailymotion)』で動画を視聴すると、ウイルスに感染する可能性があるため、デメリットが大きいということは前項で紹介しました。

では、映画『余命10年』の動画を安全に見る方法はあるのでしょうか。『余命10年』は2022年春に公開予定の映画のため、今現在ネットでフル動画を視聴することは出来ません。今後、『余命10年』の動画を視聴できるようになったら、動画配信サービス、通称サブスクがオススメです。

動画配信サービスは、完全無料ではなく、一定の金額を毎月支払うことで数多くの作品を見ることが出来るサービスのことを言います。登録に費用はかからないので、パパっと簡単に無料登録できます。

私も動画配信サービスを利用しています。子育て中のため、まとまった時間にゆっくり作品を見るということが出来ないのですが、このサービスを利用すると、合間のちょっとした時間や料理の最中などに少しずつ、ながら見が出来るのでとても便利です。

安全に動画を楽しむなら、ぜひ動画配信サービスをチェックしてみてください。

動画フルの視聴方法、私の一番のおすすめを特別にご紹介します!

余命10年(実写映画)動画フルの視聴方法おすすめはコレ!

さて、2022年春公開予定の映画『余命10年』の動画フルの視聴方法の紹介です。

まだ公開前の映画なので現在は動画フルで視聴することは出来ません。
しかし、公開後には見ることが出来るようになるのではないかと思います。

現在、主演の小松菜奈さんの「恋は雨上がりのように」や「来る」「溺れるナイフ」なども視聴できます。

『余命10年』の動画をフルで楽しむなら、ぜひU-NEXTに登録してみてください。

U-NEXTは見放題の作品が22万本を超えており、圧倒的な数で国内No.1を誇る動画配信サービスです。最近はNetfilxやHuluなど、動画配信サービスがたくさん登場していますが、作品数の多さやサービスの良さで、登録者の満足度が圧倒的に高いことで有名です。

私も登録していますが、作品数の多さに驚きましたし、これだけの作品を定額で楽しむことが出来るのはかなりコスパ良いですよね。映画やドラマ、アニメが見放題になるだけではなく、漫画や雑誌も読むことができるんですよ。

さらに現在であれば登録してから31日間は無料トライアル期間なので、約1か月間は無料でU-NEXTを体験することが出来ます。ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

31日間お試し視聴することが出来ます!このチャンスをお見逃しなく!

\以下ページから動画を見ることが出来ます♪/
>>小松菜奈さんの映画を今すぐ見る<<

 

余命10年(実写映画)のあらすじは?

次に、『余命10年』のあらすじを紹介します。

この映画は、小坂流加さんの『余命10年』という小説が原作になっています。主人公・高林茉莉は、20歳で数万人に1人という確率の不治の病に侵されてしまいます。この病は、国に難病指定されており、治療法が見つかっていません。

茉莉は、医師から“余命は10年”と宣告されました。今まで“普通”であったことが“普通”ではなくなりました。何かを始めようと思っても、志半ばであきらめなければいけません。

「なにもかも諦めてしまえば、“生”に執着するような未練を残さなければ、最期の時間を心穏やかに過ごせる」茉莉はそう理解していました。だから、茉莉は「恋をしない」と心に決めたのです。

25歳の時、小学校の同窓会に参加した茉莉。そこで真部和人と出会います。由緒ある茶道の家元の息子である和人は、茉莉に「僕は茉莉ちゃんが好きだったんだよ」と、初恋の相手が茉莉であったことを告白します。

そして、同窓会で再会し、また茉莉のことを好きになったと和人は茉莉に告げたのでした。「恋をしない」と決めたはずの茉莉でしたが、どんどん和人に惹かれていくのでした。「どうかわたしに、死にたくないと思わせないで。」26歳の冬、お互いがお互いを「好き」であるということを告白します。

和人は初恋の相手と結ばれ、茉莉は「恋をしない」と決めていたけれど、和人を想う気持ちがどんどんと大きくなっていき、どうあがいても抵抗できないほどに育っていった。恋人として過ごしてきた毎日は本当に幸せの連続でした。

しかし、茉莉が隠し続けてきた、病気のことや余命のことを話さなければならない時がやってきます。……

茉莉が自身の病気のこと、そして余命いくばくもないことを告げたとき、和人はどのような気持ちだったのでしょうか。また、その後の二人はどうなっていくのでしょうか。私は原作の小説を読みましたが、涙が止まりませんでした。

しかしそれと同時に、“生きる”ということについてもっと責任を持たなければならないと思いました。生きながらも“死”というものを共有し、お互いを想いあっていた茉莉と和人。タイムリミットがどんどん迫ってくる茉莉の感情の表現の仕方がノンフィクションかのようなリアルさや重みのある物語でした。

余命10年(実写映画)のキャストは?

続いて、『余命10年』のキャストを紹介します。

●高林茉莉(たかばやし まつり)役/小松奈々

茉莉はこの作品の主人公です。
20歳の時に国の難病に指定されている遺伝性の病気を患っていると宣告されます。
お医者さんから“余命10年”と告げられました。

結婚する友人のためにウエディングドレスを作るほどの器用さを持ち、コスプレ衣装を作ることもありました。
プロの漫画家になるのが夢だった。

●真部和人(まなべ かずと)役/坂口健太郎

この作品のもう1人の主人公。
茉莉の同級生で、茉莉の恋の相手。茉莉の人生に彩りを与えた人物。

私は原作を読んだのですが、イメージにピッタリのお2人が演じてくださるということで、とても楽しみです。

余命10年(実写映画)の公開日や主題歌は?

さて次に映画『余命10年』の公開日や主題歌について紹介します。映画『余命10年』は、2022年春公開予定です。まだ具体的な日程は明かされていません。しかしもう2021年の年末に近付いていますから、そろそろ具体的な情報が解禁になるのではないかと思われます。公開日が待ち遠しいですね。

映画『余命10年』の劇伴音楽はRADWIMPSさんが担当します。RADWIMPSさんは、『君の名は。』や『天気の子』での作曲が有名ですが、実は実写映画での劇伴音楽を担当するのは初めてなんです。

ボーカルの野田洋次郎さんは、『余命10年』の撮影が始まる前から脚本を見て曲作りをしました。野田洋次郎さんは「茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩もありました。

総合計時間にするとおそらくすでにこの映画を100回近く観ていることになります。ですが、編曲もすべて終わり最終のオーケストラの本番レコーディングでやはり、画面を観ながら涙がポロポロと出てきました。

この映画には、茉莉の人生には、きっとご覧になるあなたが明日からも生きていく意味が詰まっていると思います。」とコメントを残しています。映画『余命10年』の特報で流れる音楽は、ピアノの美しい旋律が印象的です。

主題歌についてもさらに詳しい情報が解禁されるのが楽しみですね。

公開日や豪華キャストについても詳しく見てみましょう!
⇒余命10年(実写映画)の公開日はいつ?豪華キャストもチェック!

余命10年(実写映画)の見どころは?

私がこの物語を読むにあたり、原作者の小坂流加さんについて調べました。実は、小坂流加さん自身も「原発性肺高血圧症」という遺伝性の難病に侵され、『余命10年』の文庫本が刊行される前に亡くなっています。

発病したのは大学を卒業する年の頃で、発病とともに余命宣告を受けていました。小坂流加さんは、『余命10年』の文庫本の編集を完成させた2017年2月27日の夜に逝去されています。『余命10年』の主人公も難病指定される病気を患い、余命宣告を受けています。

実話ではないとされる『余命10年』ですが、どことなく小坂流加さんと小説の主人公である高林茉莉に重なる部分があります。茉莉の心情描写をここまでリアルで重く表すことができたのは、小坂流加さん自身も同じ境遇だったからなのではないかと思います。

映画『余命10年』を見る方には、ぜひこの“重み”のある茉莉の感情の節々を感じてほしいなと思います。一般的な主人公が病魔に侵される作品とは違い、病気に対する気持ちよりも、そうではない部分に向ける気持ちの方を細かく鋭く描いているところにも注目してみてもらいたいです。

まとめ

今回は映画『余命10年』の動画フルの安全な視聴方法と、パンドラ・デイリーの危険性について調べてまとめました。『余命10年』のフル動画の配信が始まったら、パンドラやデイリーは無料ですが危険を伴いますので、ぜひU-NEXTで視聴してくださいね。“愛”と“生”について深く鋭く重たく、そしてリアルに、私たちの心に問いかける作品『余命10年』。小坂流加さんの想いが多くの人に届くことでしょう。2022年春公開が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です