流浪の月(実写映画)動画フルの視聴方法は?デイリーやパンドラは危険!

今回は流浪の月(映画)の動画フルの視聴方法や、デイリーやパンドラでの視聴は危険なのかを調べてみました。ベストセラー小説『流浪の月』の映画化が決まり、現在撮影が進んでいます。そんな流浪の月(映画)を動画フルで視聴したい方に、デイリーやパンドラの危険性や、どの動画配信サービスで見たら安心安全なのかを紹介します。併せてあらすじやキャスト、見どころも調査しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

流浪の月(映画)をパンドラ・デイリーで見るデメリットは?

最近は、映画やテレビ番組を手軽に視聴できる媒体が増えてきていますよね。映画館やテレビだけでなく、スマホでも見ることが出来るのですから、自分の好きな時間に視聴できとっても便利ですよね。私もよく動画配信サービスを利用しています。さまざまなジャンルの番組が揃っていて、とても便利です。

さて、そんな便利な動画配信サービスですが、動画アップロードサイトに投稿されている動画の多くは、無断転載や無断アップロードの可能性がとても高く、さらにウイルスが仕込まれている可能性があり、とても危険です。

海外のサイト『パンドラ(Pandora)』や『デイリー(Dailymotion)』は、日本でもとても有名で人気なサイトではありますが、こちらも危険が潜んでいます。日本のドラマや映画をサイトで検索してみると、たくさんの動画が出てきます。

しかし、その動画を見ようとすると、パソコンやスマホがウイルスに感染してデータが流出してしまう場合が多いのです。実際にウイルスに感染してしまったという声も多く、デイリーやパンドラで動画を見ようとすることは、とてもリスクが高い行為であることが分かります。

映画が無料で見られるということはすごく魅力的な話ですが、その裏にはそういったデメリットがあるということを理解していなければいけませんね。

流浪の月(映画)の動画を安全に見る方法はあるの?

海外の人気サイト『パンドラ』や『デイリー』で動画を見ようとすることはとてもハイリスクであるということは分かりましたが、それでは『流浪の月』の動画を安全に見る方法はあるのでしょうか。

『流浪の月』は2022年公開予定の映画のため、ネットでフル動画を視聴することができません。しかし、今後フル動画が視聴できるようになりましたら、動画配信サービス(=サブスク)がオススメです。

前項に挙げたような危険なサイトのように完全無料というわけではなく、毎月一定の金額を支払うことで数多くの作品を見ることができるサービスのことです。登録自体は無料なので、簡単に登録できますよ。

動画配信サービスに登録すると、自分の好きな時間に好きな作品を好きなだけ見ることが出来ますから、とてもオススメです。私も動画配信サービスに登録していますが、子育て中でなかなかまとまった時間が取れない私にとっては、合間のちょっとした時間に少しずつ見ることが出来て、ながら見も出来る、とても助かるサービスです。

ぜひ皆さんにも試してみてほしいです。

流浪の月(映画)動画フルの視聴方法おすすめはコレ!

動画配信サービスといえど種類がたくさんあって、どこに登録したらいいのかわからないですよね。私も動画配信サービスの登録を試みた時にはとっても迷いました。そして各サービスについて調べたので、私が皆さんに『流浪の月』オススメの視聴方法を紹介します。

『流浪の月』を視聴するなら、“U-NEXT”がオススメです。

『流浪の月』はまだ公開されていないためU-NEXTでは視聴することが出来ません。しかし、主演の広瀬すずさんの「ちはやふる」や、松坂桃李さんの「娼年」、横浜流星さんの「オオカミ少女と黒王子」、多部未華子さんの「君に届け」などが視聴できます!公開後にU-NEXTでも『流浪の月』が見れると予想します。

著者である凪良ゆうさんの『流浪の月』の書籍もU-NEXTで読むことが出来ます。映画を見る前に読んでみるのもいいですね。

U-NEXTとは、見放題の作品数が22万本以上あり圧倒的に国内No.1で、NetfilxやHuluなど他社の動画配信サービスと比較しても、サービス登録者の満足度が圧倒的に高いと有名です。映画やドラマ、アニメが見放題になるだけでなく、漫画や雑誌も読み放題になるから驚きです。

さらに、登録してから31日間は無料トライアル期間ということなので、約1か月間は無料でU-NEXTを楽しむことが出来ます。ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

31日間お試し視聴することが出来ます!このチャンスをお見逃しなく!

\以下ページから動画を見ることが出来ます♪/
>>広瀬すずさんの出演映画を今すぐ見る<<

 

流浪の月(映画)のあらすじは?

それでは気になる『流浪の月』のあらすじを紹介します。

19歳の大学生・佐伯文(さえきふみ)は、雨が降る夕方の公園でびしょ濡れの少女を発見します。文は駆け寄り、少女が濡れないよう傘を差しだします。すると少女は、家内更紗(かないさらさ)と名乗りました。当時の家内更紗は9歳でした。

マイペースでいつも楽しそうな母と家族愛の強い優しい父のもとに生まれた更紗。やりたいことだけをして、やりたくないことはやらないという自由な家族だったため、世間は“変わり者”扱いをしていました。

でも更紗は両親のことが大好きで、この幸せはずっと続いていくものだと信じ切っていました。しかし1年前、父親が病気で亡くなり、そのことがきっかけで母親は何人目かの恋人と出て行ったきり帰ってこなくなってしまいました。

小学4年生になった更紗ですが、引き取り先の伯母の家では“厄介者”扱いをされていました。新しい環境での生活で“普通の子”を演じることには慣れてきたけれど、更紗の心はどんどん色あせていきました。

学校の帰り道、友達と立ち寄る公園に若い男性がいるのを見かけます。この男性はいつもこの公園にいて小学生の女の子と遊んでいるので、みんなは「その若い男性は“ロリコン”だから気をつけた方が良い」と言っていました。

でも伯母の家に帰りたくない更紗は、友達とバイバイしたあとに1人でその公園に戻り、若い男性と向かい合わせのベンチに座って時間を潰していました。すると急に雨が降ってきました。雨に濡れながらも「伯母さんの家には帰りたくない」と思い更紗はその場を動きません。

そのとき、若い男性から「帰らないの?」と声をかけられます。「帰りたくない」と男性に告げました。すると「うちにくる?」と誘われました。「いく」更紗は、それだけの会話で男性の家について行ったのです。この若い男性が、佐伯文でした。

更紗は文の家で2カ月という時間を過ごしました。文は、育児書をバイブルとする“正しい”母親に“正しく”育てられてきており、その生活はまるで教科書のようでした。そんな生活を送る文でしたが、「夕食にアイスクリームを食べる」とか「布団に寝転んで宅配ピザを食べる」とか、「『トゥルー・ロマンス』を見る」などという更紗のあらゆる要求に全てきちんと応えてくれていたのです。

1週間もすると、「家内更紗さんが行方不明」というニュースが流れます。文は「いつでも帰っていいよ」と言ってくれていましたが、やっと手に入れた心穏やかな日々を捨てる気になれず、更紗は文の部屋に居続けました。

“普通の子”でない更紗も受け入れてくれる文は更紗にとって、まさに命の恩人で、文と過ごした2カ月はとても幸福な時間でした。テレビのパンダを見て「パンダが見たい」という更紗を、文は動物園に連れて行きます。

すると、「家内更紗ちゃん!」と誰かが叫んだ途端、一気に周りは殺気立ち、文と更紗は引き離され、文は少女誘拐事件を起こした容疑者として逮捕されてしまいます。………

映画ではここから、伯母の家に帰ることになった更紗に起きたことや、その後時が経ち、文と更紗がどのように生きていくのかを描いていきます。私はこの作品を読んだときに、感情移入してしまい涙が止まりませんでした。皆さんにはぜひ、原作と映画とそれぞれ楽しんでほしいなと思います。

流浪の月(映画)のキャストは?

続いて、『流浪の月』のキャストを紹介します。

家内更紗役 広瀬すずさん

8歳の時に両親を亡くし、伯母の家に引き取られたが関係は良好とはいえない。
伯母の家に帰りたくない一心で、雨に濡れても構わずにいたところを佐伯文に声をかけられる。
9歳で誘拐事件の“被害女児”となる。

佐伯文役 松坂桃李さん

19歳の大学生。母親によって“正しく”育てられてきた。
公園で雨に濡れても家に帰ろうとしない更紗を心配し声をかけ家に招く。
2か月の時間を更紗とともに過ごし、更紗の誘拐事件で“加害者”となる。

中瀬亮役 横浜流星さん

更紗が24歳の頃にお付き合いしている男性。
結婚の話も出始めていましたが、煮え切らない更紗に、だんだん本性があらわになっていく。

谷あゆみ役 多部未華子さん

佐伯文が出所後にお付き合いしている女性。

有名な俳優さんが勢ぞろいです。『流浪の月』を読んだ私としては、主人公である家内更紗役の広瀬すずさんと佐伯文役の松坂桃李さんはイメージにピッタリ合っていて、とても楽しみです。これから続々とキャストの発表があると思いますので、今後発表される情報を要チェックです。

流浪の月(映画)の公開日や主題歌は?

映画『流浪の月』は、凪良ゆうさんの小説が原作の作品で、原作は2020年に本屋大賞を受賞しています。なんと2020年の年間ベストセラー1位に輝いた小説なんですよ。2021年7月時点で累計発行部数は39万部を突破し、現在もなお多くの人が手に取り読んでいる作品です。

そんな原作を李相日監督が映画化するということで、今から期待が高まっている私ですが、映画『流浪の月』はいつ公開されるのでしょうか。調べてみたところ、『流浪の月』は2022年に全国で公開されるということが分かりました。残念ながら2022年のいつ頃に公開されるのかは分かっていません。

ちなみに撮影は2021年の8月中旬にクランクインしているとのことでしたのでまだ撮影中かと思われます。私は早く見たくてワクワクしています。今後発表される情報に注目していたいと思います。

そして気になる主題歌ですが、こちらについてはまだ発表されていません。誰が歌うのか、そしてどんな曲になるのか、とても気になりますよね。発表されるのが楽しみです。

ロケ地や目撃情報など詳細を見てみましょう!
⇒流浪の月のロケ地・動物園やカフェは?目撃情報はあるのかチェック!

流浪の月(映画)の見どころは?

『流浪の月』は、“真実”と“事実”というものにスポットライトをあてた、とても深く鋭く、多くを考えさせられる作品です。当事者にしか分からない“真実”を、周りが条件証拠だけで勝手に解釈し枠に押し込め“事実”として議論することの無意味さや、デジタルタトゥーという一生消えない烙印、そして加害者も被害者もプライバシー無くさらされてしまうという恐怖を、作品を通して痛感し、考えさせられます。

『流浪の月』は、更紗と文は「被害者」と「加害者」であるという“事実”のその先にある、「2人が誰よりもお互いを必要としている」という“真実”を見つめることで、私たちの心に深い疑問を問いかけています。

私はこの作品と出会って、自身の考える“事実”が必ずしも“真実”と近いものとは限らないこと、必ず物事には緩やかで長い道のりがあること、悪意のない善意や好奇心が時に歪んだ事実となり当事者を追い詰め傷つけることに繋がることがあること…その他にも多くのことを考えさせられました。

映画『流浪の月』は、脚本も務めた李相日監督によって、小説の内容にオリジナルの要素が追加されています。詳細はまだ公表されていないのですが、原作者の凪良ゆうさんによると「原作にはないエピソードを追加しながらも、どこまでも更紗らしく文らしい」内容になっているとのことです。

原作に忠実かつより深い人物像を描く上で、「どれだけ原作を読み込んでくださったのだろう」と感動のコメントを寄せています。皆さんには、ぜひ客観的な視点だけでなく、当事者の視点からもこの映画を見てもらえたらなと思います。

まとめ

今回は映画『流浪の月』の動画フルの視聴方法と、デイリーやパンドラの危険性についてまとめました。『流浪の月』は2022年に公開予定とのことですから、公開日の発表がありましたらU-NEXTに登録して、動画フルで視聴できるように準備しておきましょう。かなり奥が深く、現代を生きる全ての人に問いかける作品になっていると私は感じました。映画『流浪の月』をたくさんの人に見てもらいたいです。今後発表される情報を要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です